米食品団体、EUへの報復関税批判

米食品団体、EUへの報復関税を批判 「米国の雇用に悪影響」

(ロイター) 2019/10/04 14:58

 10月3日、米政府が欧州連合(EU)の農産品に対する報復関税発動を決めたことを受けて、米国の食品業界団体から、休暇シーズンを控え食品の値上げや米国の雇用削減につながるとの批判が出ている。写真はパルメザンチーズ。2016年2月にイタリア・モデナで撮影(2019年 ロイター/Alessandro Bianchi)

 10月3日、米政府が欧州連合(EU)の農産品に対する報復関税発動を決めたことを受けて、米国の食品業界団体から、休暇シーズンを控え食品の値上げや米国の雇用削減につながるとの批判が出ている。写真はパルメザンチーズ。2016年2月にイタリア・モデナで撮影(2019年 ロイター/Alessandro Bianchi)

(ロイター)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米政府が欧州連合(EU)の農産品に対する報復関税発動を決めたことを受けて、米国の食品業界団体から、休暇シーズンを控え食品の値上げや米国の雇用削減につながるとの批判が出ている。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る