米22州 CO2排出巡り米政権を提訴

米22州、発電所のCO2排出に関する新規制巡りトランプ政権提訴

(ロイター) 2019/08/14 14:25

 8月13日、オバマ前米大統領が策定した「クリーン・パワー・プラン(CPP)」に代わる規則として、環境保護局(EPA)が発電所の温室効果ガス排出削減に向けた新たな規制「アフォーダブル・クリーン・エナジー(ACE)」規則を最終決定したことを巡り、ニューヨーク、カリフォルニアを含む22州と7都市が、規則撤廃を求めてトランプ政権を提訴した。写真はジェームズ司法長官。6月にニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Mike Segar)

 8月13日、オバマ前米大統領が策定した「クリーン・パワー・プラン(CPP)」に代わる規則として、環境保護局(EPA)が発電所の温室効果ガス排出削減に向けた新たな規制「アフォーダブル・クリーン・エナジー(ACE)」規則を最終決定したことを巡り、ニューヨーク、カリフォルニアを含む22州と7都市が、規則撤廃を求めてトランプ政権を提訴した。写真はジェームズ司法長官。6月にニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Mike Segar)

(ロイター)

[ワシントン 13日 ロイター] - オバマ前米大統領が策定した「クリーン・パワー・プラン(CPP)」に代わる規則として、環境保護局(EPA)が発電所の温室効果ガス排出削減に向けた新たな規制「アフォーダブル・クリーン・エナジー(ACE)」規則を最終決定したことを巡り、ニューヨーク、カリフォルニアを含む22州と7都市が13日、規則撤廃を求めてトランプ政権を提訴した。ACEは米国の石炭依存を長引かせ、よりクリーンな発電を目指す州を妨害するとしている。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る