米「テロとの戦い」死者50万人に

米「テロとの戦い」の死者、約50万人に 調査報告

(AFPBB News) 11月09日 07:38

アフガニスタンのアルガンダブ渓谷で、死亡した兵士を追悼する米兵(2010年9月14日撮影、資料写真)。(c)PATRICK BAZ / AFP

アフガニスタンのアルガンダブ渓谷で、死亡した兵士を追悼する米兵(2010年9月14日撮影、資料写真)。(c)PATRICK BAZ / AFP

(AFPBB News)

【AFP=時事】2001年9月11日の米同時多発攻撃を受けて始まった米国の「テロとの戦い」により、イラク、アフガニスタン、パキスタンで発生した暴力による死者が、計約50万人に達したとの調査結果が8日発表された。死者数には、反体制派、地元警官、治安隊員、民間人、米国主導の有志国連合の兵士が含まれる。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る