台湾の地位巡り映画祭で「応酬」

台湾の地位巡り映画祭で“応酬” 「独立」か「中国台湾」か

(共同通信) 11月19日 10:21

金馬奨の授賞式であいさつする傅楡監督(左)=17日、台北市内(中央通信社=共同)

金馬奨の授賞式であいさつする傅楡監督(左)=17日、台北市内(中央通信社=共同)

(共同通信)

 【台北共同】17日に台北市内で開かれた中華圏を代表する映画祭、金馬奨の授賞式で「台湾の地位」を巡ってつばぜり合いがあった。「台湾の独立」を願った台湾人監督に対し、中国人俳優は「中国台湾」とけん制発言。蔡英文総統は18日、フェイスブックで「台湾は台湾。中国台湾という言い方を受け入れたことはない」と批判した。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る