ラクダアートに邦人女性挑む 印

「ラクダアート」に挑む日本人女性、毛を刈り美しい模様描く インド

(AFPBB News) 01月12日 09:28

インド西部ラジャスタン州で、「ビカネール・キャメル・フェスティバル」を前にラクダの毛を刈り込んでデザインを施す武市萌美さん(2019年1月10日撮影)。(c)Dinesh GUPTA / AFP

インド西部ラジャスタン州で、「ビカネール・キャメル・フェスティバル」を前にラクダの毛を刈り込んでデザインを施す武市萌美さん(2019年1月10日撮影)。(c)Dinesh GUPTA / AFP

(AFPBB News)

【AFP=時事】インド西部ラジャスタン州ビカネールで、毎年恒例の「ビカネール・キャメル・フェスティバル」が12日から開催される。同イベントで行われるラクダの毛刈り大会を控え、日本人の武市萌美さんが、ラクダの毛を刈り込んで美しい模様を描く姿が見られた。【翻訳編集】AFPBB News

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る