ドイツ首相、再選挙の構えを示唆

メルケル独首相が再選挙の構え示唆、連立協議決裂受け

(ロイター) 11月21日 04:27

ドイツで過半数の議席を占める3党連立政権樹立を目指した協議が19日決裂し、メルケル首相が会見。政治空白が長期化し、EUでの指導力低下の恐れも(ゲッティ=共同)

ドイツで過半数の議席を占める3党連立政権樹立を目指した協議が19日決裂し、メルケル首相が会見。政治空白が長期化し、EUでの指導力低下の恐れも(ゲッティ=共同)

(共同通信)

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツの連立協議決裂を受け、メルケル首相は20日、少数政権を率いるより、再選挙実施が好ましいとの考えを示した。シュタインマイヤー大統領は、すべての政党に政権樹立を試みる義務があると指摘するなどして、再選挙は最後の手段と認識していることをうかがわせた。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る