パレスチナ、失業率27%超に悪化

パレスチナ、失業率27%超に 援助減少で経済悪化と国連

(共同通信) 09月13日 02:08

 【ジュネーブ共同】国連貿易開発会議(UNCTAD)は12日、2017年にパレスチナ自治区の失業率が27%を超え、農業生産も11%減少するなど経済状況が悪化しているとする報告書を発表した。イスラエルによる自治区ガザの経済封鎖や国際援助の減少などが要因で失業率は世界最悪。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る