体外受精で胚取り違え 米で提訴

「生き地獄」体外受精で胚取り違え、米夫婦が不妊治療クリニックを提訴

(AFPBB News) 2019/07/11 16:48

米カリフォルニア州で体外受精(IVF)の処置を受けたものの、取り違えの被害を受けたマヌーカン夫妻(撮影日不明、2019年7月10日公開)。(c)AFP PHOTO / Pfeiffer Wolf Carr & Kane

米カリフォルニア州で体外受精(IVF)の処置を受けたものの、取り違えの被害を受けたマヌーカン夫妻(撮影日不明、2019年7月10日公開)。(c)AFP PHOTO / Pfeiffer Wolf Carr & Kane

(AFPBB News)

【AFP=時事】体外受精の処置を受けた米カリフォルニア州の夫婦が、IVFの歴史において最もひどい事故ともいわれる胚の取り違えによって見ず知らずの女性が自分たちの息子を産んだとして、不妊治療クリニックを相手取り訴訟を起こした。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る