J&Jワクチン「脇役」欧州でなぜ

アングル:J&Jコロナワクチン、欧州で「脇役」になった理由

(ロイター) 2021/06/24 16:10

6月23日、欧州で新型コロナウイルスワクチンの供給危機が頂点に達した今年3月、1回の接種で済む米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンが登場すると、状況を一変させる期待の星としてもてはやされた。写真はJ&Jのワクチンのイメージ。2月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

6月23日、欧州で新型コロナウイルスワクチンの供給危機が頂点に達した今年3月、1回の接種で済む米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンが登場すると、状況を一変させる期待の星としてもてはやされた。写真はJ&Jのワクチンのイメージ。2月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

(ロイター)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 欧州で新型コロナウイルスワクチンの供給危機が頂点に達した今年3月、1回の接種で済む米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンが登場すると、状況を一変させる期待の星としてもてはやされた。しかし、供給開始から2カ月を経た今、欧州連合(EU)では承認済みの同ワクチン4種類のうち、J&J製の利用率が最も低くなっている。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る