南ア 11月にはオミクロン株優勢

南ア、11月にはオミクロン株優勢 陽性率急上昇

(ロイター) 2021/12/02 03:36

南アフリカの国立伝染病研究所(NICD)は1日、11月に実施された新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果では74%が新変異株「オミクロン株」だったと明らかにした。10月撮影(2021年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

南アフリカの国立伝染病研究所(NICD)は1日、11月に実施された新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果では74%が新変異株「オミクロン株」だったと明らかにした。10月撮影(2021年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

(ロイター)

[ヨハネスブルク 1日 ロイター] - 南アフリカの国立伝染病研究所(NICD)は1日、11月に実施された新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果では74%が新変異株「オミクロン株」だったと明らかにした。オミクロン株の感染が9州のうち5州で確認されたとしている。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス