デルタ株は入院リスク2倍 研究

コロナ変異株デルタ、入院リスク2倍 ワクチンは依然有効=研究

(ロイター) 2021/06/15 00:49

6月14日、インドで最初に見つかった新型コロナウイルス変異株「デルタ」感染による入院リスクが、英国で見つかった変異株「アルファ」の約2倍であることが、スコットランドの研究で示された。写真は1月7日、米カリフォルニア州で撮影(2021年 ロイター/Lucy Nicholson)

6月14日、インドで最初に見つかった新型コロナウイルス変異株「デルタ」感染による入院リスクが、英国で見つかった変異株「アルファ」の約2倍であることが、スコットランドの研究で示された。写真は1月7日、米カリフォルニア州で撮影(2021年 ロイター/Lucy Nicholson)

(ロイター)

[ロンドン 14日 ロイター] - インドで最初に見つかった新型コロナウイルス変異株「デルタ」感染による入院リスクが、英国で見つかった変異株「アルファ」の約2倍であることが、スコットランドの研究から14日示された。

続きを読む

東京五輪2020 8月4日の注目競技

時間 競技 種別 選手名

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス