gooニュースアプリなら速い、見やすい

バチカン、教皇の重病説を否定

ローマ教皇の重病説否定、バチカン「やや体調不良」

(ロイター) 2020/02/29 04:11

2月28日、バチカン(ローマ教皇庁)は2日連続で公式謁見を取り止めたフランシスコ教皇(83)の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。具体的な病名には触れなかった。写真は2月26日、バチカンで信者に挨拶するフランシスコ教皇(2020年 ロイター/Remo Casilli)

2月28日、バチカン(ローマ教皇庁)は2日連続で公式謁見を取り止めたフランシスコ教皇(83)の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。具体的な病名には触れなかった。写真は2月26日、バチカンで信者に挨拶するフランシスコ教皇(2020年 ロイター/Remo Casilli)

(ロイター)

[バチカン市 28日 ロイター] - バチカン(ローマ教皇庁)は28日、2日連続で公式謁見を取り止めたフランシスコ教皇(83)の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。具体的な病名には触れなかった。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る