gooニュースアプリなら速い、見やすい

中国「虐殺」の可能性 米報告書

中国、ウイグル族「虐殺」の可能性=米議会委員会

(ロイター) 2021/01/15 10:55

中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会は14日公表した報告書で、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯した可能性があるとの見解を示した。写真は「ウイグル族に自由を」と書かれたプラカードを持つ男性、資料写真、米首都ワシントンで2020年7月撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会は14日公表した報告書で、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯した可能性があるとの見解を示した。写真は「ウイグル族に自由を」と書かれたプラカードを持つ男性、資料写真、米首都ワシントンで2020年7月撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

(ロイター)

[ワシントン 14日 ロイター] - 中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)は14日公表した報告書で、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯した可能性があるとの見解を示した。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る