gooニュースアプリなら速い、見やすい

ロヒンギャ虐殺意図なし 独立委

独立委がロヒンギャで最終報告書 民族大量虐殺の意図なしと結論

(共同通信) 2020/01/20 19:32

ミャンマーの首都ネピドーで、独立調査委員会の議長(左)から最終報告書を受け取るアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=20日(ミャンマー政府提供・共同)

ミャンマーの首都ネピドーで、独立調査委員会の議長(左)から最終報告書を受け取るアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=20日(ミャンマー政府提供・共同)

(共同通信)

 【ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題について、同国政府が設置した独立調査委員会は20日、最終報告書をまとめた。国軍に深刻な人権侵害があったと認める一方、ジェノサイド(民族大量虐殺)の意図はなかったと結論付けた。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る