パリの大聖堂 崩壊の危機去る

パリの大聖堂、崩壊の危機去る 24年の再開目指し修復工事へ

(共同通信) 2021/09/18 21:33

火災のあったパリのノートルダム大聖堂=4日(共同)

火災のあったパリのノートルダム大聖堂=4日(共同)

(共同通信)

 【パリ共同】2019年4月に大火災に見舞われたパリ・ノートルダム大聖堂の修復を担うフランス政府当局は18日、2年以上に及んだ建物の保全作業が完了したと発表し、大聖堂が崩壊する危険がなくなったことを正式に確認した。今年の冬から修復工事に入り、24年の一般開放再開を目指す。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る