人工臓器で胚着床を再現 東北大

人工臓器で受精卵着床再現 細胞の融合観察、東北大

(共同通信) 2024/02/24 04:00

子宮内膜を模した人工臓器(下側)に接着し入り込む、胚性幹細胞(ES細胞)から作られた胚(中央)(東北大提供)

子宮内膜を模した人工臓器(下側)に接着し入り込む、胚性幹細胞(ES細胞)から作られた胚(中央)(東北大提供)

(共同通信)

 人の胚性幹細胞(ES細胞)と、子宮内膜を模した人工臓器を使い、受精卵から成長した「胚」が子宮に着床する瞬間を再現することに成功したと、東北大や熊本大などのチームが24日、米科学誌「サイエンスアドバンシズ」に発表した。着床時に胚の細胞と子宮内膜の細胞が融合する様子が観察されたという。体内でも同様の現象が起きている可能性がある。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る