2022年7月14日、熊野那智大社例大祭(通称:那智の扇祭り)が3年振りに開催された。

那智の扇祭りは御創建1700年を迎える(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)にて行われる例大祭。毎年7月14日に執り行われる。

那智の滝の前で、参道を清める御火行事が見どころの一つ。白装束の男たちが重さ50キロ以上の大松明を抱え、石段を駆けめぐる。那智の田楽も有名で「見せる芸能」である衣装や道具も煌びやかになっている。

7/14は朝9時の 御本社大前の儀に始まり、渡御祭、御火行事、 御田刈式などが行われた。

会場には一般来場客が訪れ、勇壮な炎の舞を楽しむ姿が見られた。

大松明を持ち、御火行事の開始を待つ人々。背後には那智の大滝が写る。

大松明を背負い参道の階段を登る参加者に、多くの見物客がカメラを向けた。

階段の登り降りを繰り返す階段の登り降りを繰り返す

炎の熱さに汗を拭う参加者炎の熱さに汗を拭う参加者

御火行事が終盤に差し掛かると、背後から扇神輿が現れる。御火行事が終盤に差し掛かると、背後から扇神輿が現れる。

那智の扇祭り

那智の扇祭り

連なる扇神輿連なる扇神輿

その後も続いて神事が行われた