米パイプライン再稼働も余波続く

米首都でもガソリン不足、パイプライン操業開始後も余波続く

(ロイター) 2021/05/14 23:54

米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインが南東部州への燃料供給を拡大しているものの、首都ワシントンでは14日、ガソリン不足の状況に陥っている。写真は5月12日、ノースカロライナ州ダーラムでガソリンスタンドに並ぶ車の列(2021年 ロイター/Jonathan Drake/File Photo

米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインが南東部州への燃料供給を拡大しているものの、首都ワシントンでは14日、ガソリン不足の状況に陥っている。写真は5月12日、ノースカロライナ州ダーラムでガソリンスタンドに並ぶ車の列(2021年 ロイター/Jonathan Drake/File Photo

(ロイター)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - サイバー攻撃を受けた米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインが6日間の操業停止後に再稼働し、南東部州への燃料供給を拡大しているものの、首都ワシントンでは14日、ガソリン不足の状況に陥っている。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る