日本製鉄 通期事業益を上方修正

日本製鉄、通期事業益を前期比5.5倍に上方修正 海外事業が押し上げ

(ロイター) 2021/08/03 17:26

 8月3日、日本製鉄は2022年3月期(国際会計基準)の連結純利益予想を2400億円から3700億円(前期は324億円の赤字)に上方修正した。写真は、同社のロゴ。2019年3月18日に都内で撮影。(2021年 ロイター/Yuka Obayashi)

 8月3日、日本製鉄は2022年3月期(国際会計基準)の連結純利益予想を2400億円から3700億円(前期は324億円の赤字)に上方修正した。写真は、同社のロゴ。2019年3月18日に都内で撮影。(2021年 ロイター/Yuka Obayashi)

(ロイター)

[東京 3日 ロイター] - 日本製鉄は3日、2022年3月期(国際会計基準)の連結純利益予想を2400億円から3700億円(前期は324億円の赤字)に上方修正した。鋼材価格の改善やインドや北米などの海外グループ会社の損益好転が寄与している。本業のもうけを示す事業利益も4500億円から6000億円(前期は1100億円)へと、前期比約5.5倍に引き上げた。事業利益や純利益は、2014年度に記録した経営統合後の最高益を更新する。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る