米失業保険申請 予想上回る増加

米失業保険申請、35万1000件に悪化 労働市場の回復基調は継続

(ロイター) 2021/09/24 00:15

米労働省が23日発表した9月18日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は35万1000件と、前週から1万6000件増加した。ニューヨークで3日撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

米労働省が23日発表した9月18日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は35万1000件と、前週から1万6000件増加した。ニューヨークで3日撮影(2021年 ロイター/Andrew Kelly)

(ロイター)

[ワシントン 23日] - 米労働省が23日発表した9月18日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は35万1000件と、前週から1万6000件増加した。増加は2週連続。カリフォルニア州とバージニア州での申請件数が大幅に増加したことが響いた。市場予想は32万件だった。ただ、基調的なトレンドは引き続き労働市場の着実な回復を示唆した。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る