世界の航空会社 4年ぶり黒字化へ

世界航空会社、23年に4年ぶり黒字化=IATA予想

(ロイター) 2022/12/07 01:17

世界の航空業界は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の規制から回復し、国際航空運送協会(IATA)は2023年に世界の航空会社全体の純損益が47億ドルの黒字となり、19年以来、4年ぶりの黒字化を予想している。2020年3月撮影(2022年 ロイター/Denis Balibouse/File Photo)

世界の航空業界は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の規制から回復し、国際航空運送協会(IATA)は2023年に世界の航空会社全体の純損益が47億ドルの黒字となり、19年以来、4年ぶりの黒字化を予想している。2020年3月撮影(2022年 ロイター/Denis Balibouse/File Photo)

(ロイター)

[ジュネーブ 6日 ロイター] - 世界の航空業界は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の規制から回復し、国際航空運送協会(IATA)は2023年に世界の航空会社全体の純損益が47億ドルの黒字となり、19年以来、4年ぶりの黒字化を予想している。一方で航空運賃と空港使用料の上昇を巡り、空港との摩擦が起きている。

続きを読む

新着トピックス一覧

ビジネスのトピックス

OCNからのおすすめ