法話の巧みさ競う「H―1」 兵庫

目指すは「また会いたくなるお坊さん」 若手僧侶が法話の巧さ競う、名付けて「H-1」

(神戸新聞) 11月08日 15:00

「Hー1グランプリ」をPRする小池陽人さん(前列右)ら真言宗の青年僧たち=神戸市兵庫区中道通5、西室院

「Hー1グランプリ」をPRする小池陽人さん(前列右)ら真言宗の青年僧たち=神戸市兵庫区中道通5、西室院

(神戸新聞)

 兵庫県内にある真言宗寺院の若手僧侶たちが法話の巧みさを競う、県内初のイベント「H−1グランプリ 法話決戦」が26日、兵庫県民会館(神戸市中央区下山手通4)で開かれる。寺院と地域の結び付きが希薄になる時代に「また会いたくなるお坊さん」を目指して企画した。主催する青年僧たちは「これからの時代は表現力が大切。丁寧かつ相手に響く言葉で、仏教の魅力を伝えたい」と意気込む。(上杉順子)

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る