体ばらばらに…補聴器が爆音増幅

「体がばらばらになってしまう感覚」 原因不明の難聴のため付けた補聴器なのに…爆音を増幅

(琉球新報) 2019/09/11 05:00

琉球新報

琉球新報

(琉球新報)

 「静かな空を返してほしい」。1982年の第1次嘉手納爆音差止訴訟の提起から37年が経過したが、原告らの願いはいまだ実現していない。第3次訴訟の控訴審判決が11日、福岡高裁那覇支部で言い渡される。騒音が受忍限度を超える違法状態だと司法が認定した空を、今も米軍機が飛び交う。原告らは被害救済の抜本的な解決のため、飛行差し止めを求めている。 突然、頭の中心を突き刺すような激しい痛みが襲った。北谷町の自宅で過ごしていた今秀子さん(71)は、とっさに左耳に付けていた補聴器の電池を外した。痛みはやんだ。静寂の中で窓から空を見上げると、米軍機が飛んでいた。
 

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る