大量放流 間際で回避したダムも

旭川ダムの大量放流が間際で回避

(山陽新聞) 09月14日 08:03

山陽新聞

山陽新聞

(山陽新聞)

 西日本豪雨が岡山県内を直撃した7月6日深夜から7日未明にかけ、県管理の旭川ダム(岡山市北区建部町鶴田)で緊急時に行う大量放流が実施間際だったことが13日、県などへの取材で分かった。雨が小康状態になったため回避されたが、仮に実施していれば、安全基準の5・6倍となる毎秒3700トンが放流され、旭川の下流域で浸水被害が拡大した可能性があった。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る