大谷翔平 45号で「珍記録」樹立

大谷翔平がサミー・ソーサと並ぶ“珍記録”を樹立。米サイトが指摘「ホームランを打ったうちの13試合が4点差以上の敗戦」

(THE DIGEST) 2021/09/24 05:30

今季45本のアーチを放っている大谷(左)。1999年のソーサ(右)と並んだ“不名誉な記録”とは?(C)Getty Images

今季45本のアーチを放っている大谷(左)。1999年のソーサ(右)と並んだ“不名誉な記録”とは?(C)Getty Images

(THE DIGEST)

 二刀流スターの球団にとっては“不名誉な記録”だろう。

【動画】豪快な一発!MVPが有力視される大谷の最新ホームランをチェック

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が今季、投打にわたって快進撃を続けているのは周知のとおり。45本塁打、95打点、長打率.591などとハイアベレージをマークし、投げても自己最多の9勝(2敗)、奪三振率10.65とリーグ屈指の数字を残している。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る