完全逃すも 山本由伸15Kで6勝目

自己最多15K完全逃すも進化 山本由伸がポツリと漏らした“理想の投球”

(日刊スポーツ) 2021/06/11 21:25

オリックス対広島 8回表広島2死一、二塁、菊池涼を空振りの三振に取り、ガッツポーズする山本(撮影・前岡正明)

オリックス対広島 8回表広島2死一、二塁、菊池涼を空振りの三振に取り、ガッツポーズする山本(撮影・前岡正明)

(日刊スポーツ)

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4−0広島>11日◇京セラドーム大阪

オリックス山本由伸投手(22)が8回2安打無失点の好投で今季6勝目を挙げた。毎回となる15奪三振で自己最多を更新。7回まで広島打線をパーフェクトに封じ、巨人槙原寛己が94年5月18日広島戦(福岡ドーム)で達成した以来のNPB27年ぶりの完全試合も期待させるマウンドだった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る