ハム清宮語る 新庄監督への思い

清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった渇望の1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」

(Number Web) 2022/10/03 11:02

清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった渇望の1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」 photograph by KYODO

清宮幸太郎が語る23歳の現在地「ちょっとデブじゃね?」から始まった渇望の1年 BIGBOSSへの思いと、それでも貫く「ホームランは正義」 photograph by KYODO

(Number Web)

 注目を一身に集めたプロ入りから5年。日本ハム・清宮幸太郎は今、自身の「現在地」をどのように捉えているのか。BIGBOSSとの出会いがもたらした大きな変化。同学年のヤクルト・村上宗隆への本音は――。プロ入りから清宮を見続けてきた担当記者が綴った。(全2回の1回目/#2へ)  変わりたい――。そう誓って臨んだ清宮幸太郎 の5年目シーズンが終わりを迎えようとしている。今季から就任したBIGBOSSこと 新庄剛志監督に多くのチャンスを与えられ、打率は2割前後ながら試合数、本塁打でキャリアハイの数字をマーク。もがき苦しみながら、一歩一歩着実に成長を遂げた1年だった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る