池江のスゴさ 岩崎恭子氏の評価

元五輪女王・岩崎恭子氏が舌を巻いた急復活・池江璃花子の〝前向き〟なメンタル

(東スポWeb) 2021/04/08 06:15

女子100m自由形準決勝、1位通過に笑顔の池江璃花子

女子100m自由形準決勝、1位通過に笑顔の池江璃花子

(東スポWeb)

 元五輪女王も絶賛だ。競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第5日(7日、東京アクアティクスセンター)、女子100メートル自由形準決勝で池江璃花子(20=ルネサンス)が54秒36をマーク。1位通過を果たし、2種目の五輪切符が視界に入ってきた。男子200メートル平泳ぎでは佐藤翔馬(20=東京SC)が2分6秒40の日本新記録で優勝。2種目で五輪代表の座を勝ち取った。1992年バルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子氏(42)も20歳コンビの〝スゴさ〟に舌を巻いた。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る