正恩氏、米朝会談へ確固たる意志

米朝首脳、6月12日会談へ意欲 正恩氏「確固たる意志」表明

(共同通信) 05月27日 23:32

26日、板門店で会談に先立ち握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)

26日、板門店で会談に先立ち握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)

(共同通信)

 【北京、ソウル、ワシントン共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、韓国の文在寅大統領との南北首脳会談で、米朝首脳会談開催への「確固たる意志」を表明した。南北首脳は朝鮮半島非核化の実現へ努力していくことで一致、6月1日の高官級会談開催でも合意した。トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスで記者団に、米朝協議が「うまくいっている」と述べ、いったんは中止を発表した6月12日のシンガポール開催を目指す考えを示した。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る