眠気の正体は脳内タンパク 研究

眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表

(共同通信) 06月14日 02:01

12日、文科省で記者会見する筑波大の柳沢正史教授

12日、文科省で記者会見する筑波大の柳沢正史教授

(共同通信)

 脳内にある80種類のタンパク質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、筑波大の柳沢正史教授(神経科学)のチームが13日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。「スニップス」と名付けたこの一群のタンパク質は眠気の“正体”とみられ、睡眠そのものに深く関わっているらしい。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る