「三重苦」北朝鮮女性の現状は

北朝鮮のジェンダー事情、どうなっている? 家庭不和と離婚増の危機

(GLOBE+) 2021/11/12 08:00

公演を観覧する金正恩総書記(中央右)と李雪主氏(中央左)=2021年2月17日の労働新聞のホームページから

公演を観覧する金正恩総書記(中央右)と李雪主氏(中央左)=2021年2月17日の労働新聞のホームページから

(GLOBE+)

北朝鮮の一般家庭で、夫婦の不和が増えている。朝鮮王朝時代の家父長制度が色濃く残るなか、北朝鮮の社会主義経済が崩壊。女性が市場などで働き、家計を支えるケースが増えたことと関係している。北朝鮮の女性は「経済活動」「家事」「政府による勤労動員」の三重苦にあえいでいる。韓国のNGO、北韓人権情報センター(NKDB)が3日、発表した調査結果によれば、北朝鮮から逃れた脱北者は全員、「これから離婚が増える」と予測した。北朝鮮では男性よりも女性がいち早く、レジスタンスに身を投じるかもしれない。(牧野愛博)

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る