gooニュースアプリなら速い、見やすい

エボラ出血熱に終息の兆し WHO

コンゴでエボラ出血熱終息の兆し 2千人死亡も治療薬で好転

(共同通信) 2020/03/13 15:05

 【ナイロビ共同】コンゴ(旧ザイール)東部で2018年8月から流行し2200人以上が死亡したエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は13日までに、4月に終息を宣言できる可能性があると発表した。新型コロナウイルス感染が世界中で大流行する一方、「死の病」と恐れられたエボラ熱は、治療薬の開発や援助機関の地道な活動で明るい兆しが見えてきた。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る