31日のニュース(21件)

求人倍率、24年5カ月ぶり高水準

4月求人倍率、1.34倍に改善=24年5カ月ぶり水準―失業率は横ばい3.2%

(時事通信) 12:28

有効求人倍率は24年ぶりの高水準だ

有効求人倍率は24年ぶりの高水準だ

(朝日新聞)

 厚生労働省が31日発表した4月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.04ポイント上昇の1.34倍となり、1991年11月(1.34倍)以来、24年5カ月ぶりの高水準となった。改善は2カ月連続。一方、総務省が同日発表した労働力調査(季節調整値)によると、4月の完全失業率は3.2%と前月と同水準だった。厚労省は「雇用情勢は着実に改善が進んでいる」との判断を維持した。

 有効求人倍率は、求職者1人当たりに企業から何件の求人があったかを示す。正社員の有効求人倍率は0.03ポイント上昇の0.85倍と、この倍率の集計を始めた2004年11月以降で最高となった。

続きを読む

MRJの2号機が初飛行 本格試験へ

鮮やかな赤、大空へ MRJの2号機が初飛行

(朝日新聞) 12:24

愛知県営名古屋空港から離陸するMRJ2号機=31日午前10時4分、細川卓撮影

愛知県営名古屋空港から離陸するMRJ2号機=31日午前10時4分、細川卓撮影

(朝日新聞)

 国産初のジェット旅客機MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の2号機が31日、初飛行した。開発を担っている三菱航空機の拠点、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)を午前10時過ぎに飛び立ち、飛行試験を2時間余り実施した。

 昨年11月に初飛行に成功した1号機は、白い胴体に赤、黒、金の流れるようなラインが入っているのに対し、2号機は鮮やかな赤だけ。滑走路を走る試験を今月27日に済ませていた。

続きを読む

女児窒息死 父に懲役4年6月判決

ゴミ箱窒息死、女児の父親に懲役4年6月判決

(読売新聞) 12:23

 山形県米沢市で昨年5月、生後16日の女児がゴミ箱に閉じ込められて窒息死した事件で、傷害致死罪に問われた父親(24)の裁判員裁判で、山形地裁は31日、父親に懲役4年6月(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。

 寺沢真由美裁判長は「女児の泣き声がうるさいからという非常に身勝手な理由。短い命が断たれたという結果は重い」と指摘した。

続きを読む

神戸山口組系の幹部、撃たれ死亡

神戸山口組系幹部、銃で撃たれ死亡 岡山のマンション前

(朝日新聞) 12:10

事件が起きたマンション付近を調べる捜査員ら=31日午前11時14分、岡山市南区豊成2丁目

事件が起きたマンション付近を調べる捜査員ら=31日午前11時14分、岡山市南区豊成2丁目

(朝日新聞)

 31日午前9時50分ごろ、岡山市南区豊成2丁目のマンション駐車場で、通行人から「男性が倒れている」と110番通報があった。岡山県警によると、男性はこのマンションに住む指定暴力団「神戸山口組」傘下・池田組の高木忠(ただし)幹部(55)で、何者かに拳銃で撃たれ、胸や腹などに数発を浴びたという。心肺停止状態で病院へ運ばれ、約1時間後に死亡した。

 近所の男性によると、銃撃音が「パン、パン、パン」と3〜4回したため外を見ると、薄い青色の長袖シャツにグレーのズボンをはいた男が現場近くを走り去って北へ進み、近くに止めてあった原付きバイクに乗って走り去った。ヘルメットをかぶり、表情は見えなかったという。

続きを読む

九州支援で旅行券 最大7割補助

熊本・大分は最大7割引き…観光振興で旅行券

(読売新聞) 11:54

 政府は31日の閣議で、2016年度補正予算に盛り込まれた「熊本地震復旧等予備費」7000億円のうち、第1弾となる計1023億の使い道を決めた。

 地震の影響で落ち込んだ九州の観光振興策として、地方自治体が新たに発行する「九州観光支援旅行券」への補助に180億円を充てる。このほか、400億円を中小企業の経営再建に向けた補助金に使う。

続きを読む

菅長官、日本に飛来は確認されず

【北朝鮮情勢】「ムスダン発射」失敗、菅義偉官房長官「日本の安全保障に影響が及ぶ事態は発生せず」

(産経新聞) 11:24

 5月31日、菅義偉官房長官は午前の会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射に失敗したと韓国メディアなどが報じていることに関して「北朝鮮のミサイルの動向については、常日頃から重大な関心を持って情報収集や分析に努めており、いかなる事態にも対応できるよう緊張感をもって取り組んでいる」と述べた。写真は都内で2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

 5月31日、菅義偉官房長官は午前の会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射に失敗したと韓国メディアなどが報じていることに関して「北朝鮮のミサイルの動向については、常日頃から重大な関心を持って情報収集や分析に努めており、いかなる事態にも対応できるよう緊張感をもって取り組んでいる」と述べた。写真は都内で2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

(ロイター)

 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、北朝鮮が同日朝に日本海側の元山(ウォンサン)付近から中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射し、失敗したと韓国軍合同参謀本部が発表したことに関し、「日本に飛来するミサイルなどは確認されず、わが国の安全保障に直接の影響が及ぶ事態が発生したと認識はしていない」と述べた。

 北朝鮮は4月15日と28日にもムスダン計3発を発射し、いずれも失敗している。今後も北朝鮮の挑発行動が続く可能性について菅氏は「北朝鮮がどのような具体的な行動をとっているかについては事柄の性質上控えたい」と述べるにとどめた。

続きを読む

北朝鮮がムスダン?発射 失敗か

北朝鮮、ムスダン再び失敗か 日本海側に飛翔体1発発射

(朝日新聞) 11:21

 2015年10月、平壌での軍事パレードに姿を見せた北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(共同)

 2015年10月、平壌での軍事パレードに姿を見せた北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(共同)

(共同通信)

 北朝鮮は31日午前5時20分ごろ、日本海側の江原道元山(カンウォンドウォンサン)付近から、ムスダン中距離弾道ミサイル(射程3千キロ以上)とみられる飛翔(ひしょう)体1発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部は「発射は失敗したとみられる」としている。

 北朝鮮は今年4月15日に初めてムスダン1発の試射を行い、同月28日にも2発を撃ったが、すべて失敗しており、今回が4発目の失敗となる。

 ムスダンは米領グアムを直接攻撃できる能力を持つとされる。北朝鮮は日本海に向けて発射したが、日本上空を通過させる意図を持っていたとみられる。情報関係筋によれば、失敗の詳しい状況分析はこれからだが、機体はほとんど飛行しなかったという。

北朝鮮対応で米韓と連携 中谷氏

北のミサイル発射、米韓国防相と会談し連携=中谷防衛相

(ロイター) 10:48

 5月31日、中谷元防衛相は午前、北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、「国内で被害があったという情報はない。いかなる事態が起ころうとも大丈夫なように対応している」と語った。防衛省内で記者団に述べた。写真は都内で2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

 5月31日、中谷元防衛相は午前、北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、「国内で被害があったという情報はない。いかなる事態が起ころうとも大丈夫なように対応している」と語った。防衛省内で記者団に述べた。写真は都内で2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

(ロイター)

[東京 31日 ロイター] - 中谷元防衛相は31日の閣議後会見で、弾道ミサイルを発射した北朝鮮について、来月上旬にシンガポールで開かれる国際会議を利用して、米韓の国防相と協議する考えを示した。

中谷防衛相は「(北朝鮮は)今後とも核とミサイルの開発を続ける姿勢を崩していない。重大な関心を持って動向を注視したい」と述べた。その上で、6月3─5日に開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で日米、日韓、日米韓の防衛相会談をそれぞれ開き、「北への対応で連携したい」と語った。

続きを読む

樹里の嫁姑問題は…姉・まな語る

上野まな、妹樹里の結婚祝福!平野レミとの「嫁姑問題は心配ない」

(スポーツ報知) 10:36

上野まな 【報知新聞社】

上野まな 【報知新聞社】

(スポーツ報知)

 シンガーソングライターの上野まな(33)が31日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月〜金曜・前9時50分)に出演し、妹の女優・上野樹里(30)と3人組ロックバンド・TRICERATOPS(トライセラトップス)のボーカル・和田唱(40)の結婚秘話を語った。

 交際のことは知っていたが、他言しないよう気をつけていたという上野。ライブに楽しそうに通っていたことを振り返り「いいな。(和田さんが)本当に好きなんだな」と感じていたという。

続きを読む

骨太の方針 増税延期で修正へ

増税前提の骨太方針、修正へ 来月2日閣議決定で調整=政府筋

(ロイター) 10:26

 5月31日、政府は安倍晋三首相の増税延期の方針を踏まえ、2017年4月の消費税率10%への引き上げを明記した骨太方針を修正する。写真は都内で16日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

 5月31日、政府は安倍晋三首相の増税延期の方針を踏まえ、2017年4月の消費税率10%への引き上げを明記した骨太方針を修正する。写真は都内で16日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

(ロイター)

[東京 31日 ロイター] - 政府は、安倍晋三首相の増税延期の方針を踏まえ、2017年4月の消費税率10%への引き上げを明記した骨太方針を修正する。18日に発表した骨太原案では増税を前提に「予算や税制などを通じた消費喚起策や可処分所得の増加策により環境を整備する」としていた記述を見直す。政府筋が明らかにした。

首相は、増税を2019年10月まで2年半先送りする考えを6月1日の今国会会期末後に正式に表明する。これを踏まえ、「ニッポン1億総活躍プラン」「新成長戦略」と併せ、修正した骨太方針を翌2日に閣議決定する。

ヤクルト由規、支配下登録復帰か

【ヤクルト】由規、交流戦中に支配下復帰も…31日に2軍戦先発予定

(スポーツ報知) 10:11

再び由規の雄姿が見られるか 【報知新聞社】

再び由規の雄姿が見られるか 【報知新聞社】

(スポーツ報知)

 右肩痛で今季から育成選手になったヤクルト・由規投手(26)が交流戦中にも再び支配下選手登録される可能性があることが30日、分かった。かつての161キロ右腕が交流戦でリーグ最下位からの反攻を狙うチームの“秘密兵器”になるかもしれない。

 10年には12勝をマークした由規だが、11年9月に右肩腱(けん)盤損傷のため離脱。13年4月に右肩のクリーニング手術を受けた。その後も一進一退の状態が続き、1軍のマウンドからは11年9月3日の巨人戦(神宮)を最後に遠ざかっている。

続きを読む

仕事と家庭の両立進まず 白書

仕事と家庭、両立進まず=1億活躍社会実現求める―男女参画白書

(時事通信) 09:59

 政府は31日の閣議で、2016年版の男女共同参画白書を決定した。男女共に「仕事」と「家庭生活」の両立が進んでいないと指摘。その要因として、長時間労働を前提とした働き方を挙げ、見直しには安倍晋三首相が重視する「1億総活躍社会」実現への取り組みを「力強く進めていく必要がある」と強調した。

 白書は子育てをめぐる状況について、6歳未満の子供を持つ男性の約7割が育児に参加しておらず、第1子を出産した女性の約6割が離職を余儀なくされていると分析。長時間労働が「男性の家庭生活への参画を困難にし、女性が就業を継続できなくなるなど影響を与えている」との見方を示した。

 仕事か家庭生活の二者択一を迫られている現状を打開するため、白書は働き方の多様化を提案。具体的には、パソコンを使って自宅で勤務する「テレワーク」や、1日の勤務時間を柔軟に選択できる「フレックスタイム制」の導入などを例として挙げた。

自殺者、4年連続で3万人下回る

自殺者、4年連続3万人下回る=急増前の水準まで減少―政府白書

(時事通信) 09:56

 政府は31日の閣議で、2016年版の自殺対策白書を決定した。15年の自殺者数は前年比1402人減の2万4025人となり、4年連続で3万人を下回った。自殺者数の減少は6年連続。1998年に自殺者が3万人以上に急増する前の97年(2万4391人)の水準まで減った。

 所管する厚生労働省の担当者は「経済問題を理由とした中高年男性の自殺がここ数年大幅に減っており、景気回復を背景にさまざまな対策が功を奏したのではないか」と話している。

 男女別では男性が約7割を占め、年齢別では40〜60代が全体の約半数だった。原因・動機別では、うつ病や身体の病気など「健康問題」が最も多く、「経済・生活問題」が続いた。健康問題は60歳以上で特に多かった。

G王国救う?阿部がきょう1軍復帰

阿部復帰の誓い「打つ!!」 5番DH濃厚、巨人を“ダーン!”で救う

(スポニチアネックス) 07:01

新大阪駅に到着しタクシーに乗り込む阿部

新大阪駅に到着しタクシーに乗り込む阿部

(スポニチアネックス)

 ◇交流戦 巨人―オリックス(2016年5月31日 京セラD)

 12年目を迎える「日本生命セ・パ交流戦」が、31日に開幕する。打線に元気がなくセ・リーグ5位に低迷する巨人は、右肩痛で開幕から2軍調整を続けてきた阿部慎之助捕手(37)がオリックス戦(京セラドーム)で1軍昇格。復帰戦は「5番・DH」で先発出場することが濃厚だ。10年ぶりの7連敗を29日にようやく止めたチームに、百戦錬磨の主砲が帰ってくる。

 力強く、はっきりと宣言した。川崎市のジャイアンツ球場。阿部が敵地大阪入りを前に荷物を取りに現れた。戦列で果たすべき役割は分かりきっている。一言で言った。

続きを読む

農家に圧力か、農協に排除命令へ

高知の農協に排除命令、公取委方針 「農家に取引圧力」

(朝日新聞) 06:15

 ナスの主要な産地の高知県安芸市にある「土佐あき農業協同組合(JA土佐あき)」が、つくったナスを全て同農協に出荷するよう農家に圧力をかけたとして、公正取引委員会は独占禁止法に基づき、同農協に圧力をやめるよう排除措置命令を出す方針を固めた。同法違反(不公正な取引方法)と認定し、農家を不当に拘束する「排他条件付取引」にあたると判断した模様だ。同農協はこうした事実を否定している。

 農協をめぐっては、環太平洋経済連携協定(TPP)発効をにらんだ政府の規制改革会議などで、「競争原理が働かず、農家の生産コストが割高になっている原因」との指摘もある。公取委も、一部の農協に生産者の自由な選択を制限する動きがあるとみて、取り締まり専門チームを創設するなど監視を強めている。

 関係者によると、同農協は以前から組合員の農家に、収穫した全てのナスを同農協へ出荷するよう要請。従わなかった場合、「選果場などの施設を使わせない」「違約金が必要になる」などと伝え、圧力をかけていたと公取委は見ているという。実際に、要請に従わず、除名された農家もいるとされる。

桑田氏、東大院の特任研究員に

桑田真澄氏、東大大学院「特任研究員」に就任

(スポーツ報知) 06:00

桑田真澄氏

桑田真澄氏

(東スポWeb)

 元巨人、パイレーツ投手の桑田真澄氏(48)=スポーツ報知評論家=が、東大大学院の特任研究員に就任したことが30日、分かった。今年3月まで在籍していた研究室の中沢公孝教授(54)から打診され、快諾した。

 桑田氏は14年4月から2年の期間で中沢教授の研究室に研究生として在籍。昨年5月にはフランス・ポアティエで行われた世界国際バイオメカニクス学会で、野球の投手のコントロールについての研究成果を共同発表するなどしてきた。中沢教授は「桑田さんの野球に関する広い知識はもとより、研究に取り組む姿勢や実力を高く評価した。我々の研究には欠くことのできない存在になっている」と説明。すでに4月1日付で特任研究員となり、給料も発生しているという。

続きを読む

ロッテ、今年はガンダム風で挑発

ロッテ交流戦名物・挑発ポスター今年はガンダム風

(日刊スポーツ) 05:48

交流戦メーンポスター(球団提供)

交流戦メーンポスター(球団提供)

(日刊スポーツ)

 ロッテが今年も交流戦挑発ポスターを作成した。8回目の恒例で、今回の設定はロボット。近未来ロボット型キャラクター、非交流戦士「マジワラン」がセ・リーグ各球団を模した敵ロボットを倒す。球団担当者は「機動戦士ガンダムをモチーフにしました」と自信作に胸を張った。
 メインポスターと対戦カードごとの計7種類ある。強そうなデザインのマジワランに対し、敵ロボットは明らかに弱そう。球団ごとに挑発文言も添えた。今日からの広島戦なら「勝利との破局! 鯉人(こいびと)たちの悲劇始まる!」。カープと恋人をかけて「鯉人」だ。QVCマリンでの3カード(広島戦、阪神戦、ヤクルト戦)では、試合前のスタメン発表時に、ポスター内容をCGで再現した映像を大型ビジョンで展開する。
 31日先発の石川は、広島の印象を聞かれ「田中は社会人でやったけど、すごく良い選手。お手柔らかに」と答えた。挑発は封印したが、マジワランのように“鯉人”を倒すつもりだ。

北・東日本、午後は雷雨など注意

今日は寒気が襲来、北・東日本で雷雨や突風の恐れ

(ウェザーニューズ) 05:46

今日は寒気が襲来、北・東日本で雷雨や突風の恐れ

今日は寒気が襲来、北・東日本で雷雨や突風の恐れ

(ウェザーニューズ)

2016/05/31 09:39 ウェザーニュース

31日(火)は上空に強い寒気が襲来。北・東日本で雷雨や突風の恐れがあります。一方、西日本は日差しが届いてジリジリとした暑さに。熱中症対策が必須です。寒気の親玉が北海道に襲来

北日本中心にシビア現象の恐れ

昨日は秋田県鹿角市のウェザーニュース会員から、雪のように積もったヒョウの報告が届きました。

今日31日(火)は、昨日よりも強い寒気を伴った低気圧が、天気図に描かれない前線を伴って北・東日本に接近。地上付近には南から暖かく湿った空気が流れ込みます。
上空と地上の気温差が大きくなり、急な雷雨に注意が必要です。

続きを読む

清原被告きょう判決、会見は困難

清原被告 会見できない どん底精神状態に体調悪化…周囲が判断

(スポニチアネックス) 05:02

清原和博被告

清原和博被告

(スポニチアネックス)

 覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)の判決公判が31日午後1時半から、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれる。初犯のため実刑は免れ、執行猶予付きの有罪判決が下される見込み。周囲によると、清原被告の希望していた記者会見は「開くことができない状態にある」という。精神的にひどく落ち込み、糖尿病などで体調は悪化。心身が回復しなければ、再生の道も見えてこない。

 清原被告は3月に保釈された際、マスコミ各社に送った文書で「いつか機会をいただき、直接皆さまに謝罪したいと切に願っています」と意思表明。勾留先だった警視庁本部を出る時も自動車からいったん降りて、謝罪の言葉とともに頭を下げる意向だった。しかし、警視庁から「安全確保が必要」との指摘を受けたため実現しなかった。

続きを読む

増税先送りと解散回避、同時決着

消費増税、2019年10月に再延期 同日選も見送りへ

(朝日新聞) 03:19

自民党役員会を終え、国会を後にする安倍晋三首相=30日午後5時46分、飯塚晋一撮影

自民党役員会を終え、国会を後にする安倍晋三首相=30日午後5時46分、飯塚晋一撮影

(朝日新聞)

 来年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げが2019年10月まで2年半、再延期されることが決まった。安倍晋三首相は衆院を解散せず、夏の参院選に合わせた衆参同日選も見送ることで決着した。首相は国会会期末の6月1日に記者会見を開き、こうした方針を正式表明する。

 首相は30日夜、再延期に反対していた麻生太郎財務相と約3時間にわたって会談。麻生氏はこれまで再延期の場合は衆院を解散して国民の信を問うべきだと主張していたが、首相が改めて理解を求め、容認に転じた。両氏は衆参同日選を見送ることも確認。最大のハードルだった麻生氏を説得できたことに加え、自民、公明両党も再延期を容認する方向で、増税先送りと解散回避で同時決着した。

続きを読む