選ぶならギガゴリWiFi

ギガゴリWiFiは、クラウドsimを利用したモバイルWi-Fiで月間容量20G・40G・100G・200Gの4種類のプランがあるモバイルWiFiです。

ギガゴリWiFiの評判をもとに調査した結論、月間容量40-50GほどのモバイルWi-Fiを契約したい人にとってはギガゴリWiFiがおすすめです。

月間40Gでできること
・LINE音声通話   :2,220時間
・ZOOM会議     :60時間
・youtube標準画質 :100時間
・Netflix(中画質):56時間
40Gで十分な人
・動画やゲームは1日1時間くらい
・主に外出した時だけ使う

40GプランだとギガゴリWiFiがオススメの理由は、性能も申し分なく月間40Gプランを提供しているモバイルWi-Fi会社の中では料金が最安のためです。

助手のジョン

WiMAXでも人気のプロバイダ「GMOとくとくBB」が提供しているという安心感もあるよ!

しかし、月間容量が100G、もしくはそれ以上のモバイルWi-Fiを求めている場合は、同じ性能でより料金が安いMugenWiFi(月間100G)hi-ho Let’s WiFi(実質月間200G)のほうがオススメです。

【月間容量別】
おすすめのモバイルWi-Fiの解説へジャンプ

今回は、ギガゴリWiFiのl気になる評判をもとに他モバイルWi-Fi会社とも比較してギガゴリWiFiを徹底解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。それでは見ていきましょう!

※この記事は、2021年4月時点での情報です。

 

月間40GモバイルWi-Fiならこれ!
ギガゴリWiFiワールドキャプチャ

 

▼ギガゴリWiFiワールドプラン
・40Gプランで最安のモバイルWi-Fi!
・使えるエリアが広い!

>公式サイトはこちら
 

月間100GモバイルWi-Fiならこれ!
MugenWiFiキャンペーンのキャプチャ

 

▼Mugen WiFi
・100Gプランで最安のモバイルWi-Fi!
・30日間お試しキャンペーン

>公式サイトはこちら
 

月間200GモバイルWi-Fiならこれ!
hi-ho Let’s Wi-Fiのキャンペーンキャプチャ

 

▼hi-ho Let’s Wi-Fi
・月間200Gプランで最安級のモバイルWi-Fi!
・30日間お試しキャンペーン

>公式サイトはこちら
目次
  • ギガゴリWiFiとは
  • 結論!ギガゴリWiFiがおすすめなのはこんな人!
  • 評判から分かった、ギガゴリWiFiのメリット!
  • 評判から分かった、ギガゴリWiFiの注意点
  • 【最新】データ容量別、おすすめモバイルWi-Fiはこれだ!
  • ギガゴリWiFiの契約方法
  • ギガゴリWiFiでよくある質問
  • まとめ
  • 関連記事|
  • 安いモバイルWi-Fi
  • 無制限のモバイルWi-Fi
  • MugenWiFiの評判
  • hi-ho Let’s Wi-Fiの評判
  • WiMAXおすすめプロバイダ

ギガゴリWiFiとは

ギガゴリWiFi

引用:GMOとくとくBB

ギガゴリWiFiとは、WiMAXの提供会社としても人気のプロバイダー「GMOとくとくBB」が提供するモバイルWi-Fiです。

ギガゴリWiFiの提供するプラン内容の概要は、次の通りです。

→スマホは右にスクロールできます

プラン ギガゴリWiFiワールド ギガゴリWiFi
月間データ容量 20GB 40GB 100GB 200GB 20GB 30GB
月額料金 2,167円 2,937円 3,267円
(2ヵ月目まで)
6,500円 2,596円
(1年目)
2,915円
(1年目)
3,817円
(3ヵ月目以降)
3,135円
(2年目以降)
3,410円
(2年目以降)
速度制限 直近3日間や1日あたりの制限はなし 直近3日間や1日あたりの制限はなし
回線 docomo
au
softbank
softbank
契約期間 2年間 1年間
新規申し込み 随時可能 受付停止中

※価格は税込 ※2021年4月時点

現在、申し込みを受け付けているプランはギガゴリWiFiワールドのみで、ギガゴリWiFiは新規申し込みを停止しています。

運営は、東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が行っています。20年以上続く大手プロバイダであるGMOとくとくBBは、たびたび通信障害の発生するモバイルWi-Fi業界では、実績や信頼性といった面でも安心して利用することができます。

モバイルWi-Fi端末のスペック情報

U2s

引用:GMOとくとくBB

ギガゴリWiFiで利用できるモバイルWi-Fi端末のスペックは次の通りです。

→スマホは右にスクロールできます

プラン ギガゴリWiFiワールド ギガゴリWiFi
(新規申し込み停止中)
端末名 U2s FS030W
通信速度 LTE対応:
下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps
LTE対応:
下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps3G対応:
下り 最大42Mbps
上り 最大5.76Mbps
サイズ 127 × 65.7 × 14.2 mm 74 × 74 × 17.3 mm
重量 151g 128g
カラー ゴールド
グレー
ブラック
連続通信時間 12時間 WiFiデザリング時:
約20時間Bluetoothデザリング時:
約24時間
電池パック容量 3,500 mAh 3,060 mAh
充電用端子 MicroUSB MicroUSB
同時接続可能台数
(WiFi)
5台 15台
国際ローミング 対応 非対応

※通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を保証するものではありません。ベストエフォート方式により、実際の通信速度は通信環境に応じて変化します。

ギガゴリWiFiでは、モバイルWi-Fi端末は無料レンタルとなっております。

もし、端末が故障したり、壊してしまった場合でも、端末保証オプションに加入していれば、無償対応をしてもらえます。

結論!ギガゴリWiFiがおすすめなのはこんな人!

モバイルWi-Fiは数多くのサービスが提供されていますが、各モバイルWi-Fiの特徴は様々です。

その中でも、ギガゴリWiFiの利用をおすすめしたいユーザーは、次の2つに該当する人です。

ギガゴリWiFiがおすすめな人

  • 40GBプランの最安モバイルWi-Fiを探している人
  • WiMAXより広いエリアで使いたい人

月間容量40G帯のモバイルWi-Fiの中ではギガゴリWiFiが最安なので、月間40Gほどの容量のモバイルWi-Fiを求めている人には非常におすすめです。

月間100Gや200GなどのモバイルWi-Fiを探している場合は、ギガゴリWiFiよりも料金が安いものもあります。

博士

通信性能はどこのモバイルWi-Fiもほとんど変わらないから、モバイルWi-Fiは料金の安さで選ぶのがポイントだよ!

【最新】データ容量別、おすすめモバイルWi-Fiはこれだ!をチェックする

なお、ギガゴリWiFiは現在新規申し込みを受け付けていないので、今回はギガゴリWiFiワールドをおすすめするユーザーについて紹介していきます。それでは、詳しく見ていきましょう。

月間容量40GのモバイルWi-FiならギガゴリWiFiがおすすめ!

ギガゴリWiFiワールドは、40GBプランのモバイルWi-Fiの中では、最安値のサービスです。

各社調査したところ、モバイルWi-Fiは以下の容量に分かれています。

モバイルWi-Fiの主な容量

  • 月間20G
  • 月間40G
  • 月間100G
  • 月間200G
  • 実質無制限のWiMAX(3日で10Gの制限あり)

月間40GのモバイルWi-Fiは、家では基本つかわないけどで先や休日に使いたいという人にピッタリです。

月間40Gでできることを、利用方法別でまとめましたので、ご自身が月間40Gの容量でいいのか参考にしてみて下さい。

用途 データ通信量40GBの目安
ネット検索 12万回
LINE音声通話 2,220時間
ZOOM会議 60時間
Googleマップ 6万回
youtube視聴(標準画質「360p」) 100時間
youtube視聴(高画質「720p」) 60時間
Netflix(中画質) 56時間
Netflix(高画質) 13時間

例えば40GをZOOM会議に置き換えると、1ヶ月間に2時間のZOOM会議を約30回も行うことができます。

モバイルWi-Fiを使って、高画質動画をたくさん鑑賞したいという人であれば、40Gでは物足らないので100G、もしくは200Gのものがいいでしょう。

>ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

WiMAXより広いエリアで使いたい人

サービスエリア比較

引用:UQ WiMAX

ギガゴリWiFiワールドは、docomo・au・softbankの回線を利用しているため、国内のほとんどのエリアをカバーしています。

地方在住の方や、モバイルWi-Fiを出張のお供として使用するのであれば、広いエリアで快適に使えるギガゴリWiFiがおすすめです。

また、ギガゴリWiFiワールドは特別な申請をすることなくそのまま海外で利用できます

国内向けサービスであるWiMAXとは、海外への対応といった点でも違いがありますね。

>ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

評判から分かった、ギガゴリWiFiのメリット!

実際にギガゴリWiFiを利用しているユーザーの反応はどうなのでしょう?
ギガゴリWiFiユーザーから評価を得ているギガゴリWiFiの主なメリットは、次の4つです。

ギガゴリWiFiのメリット

  • 40GBプランであればギガゴリWiFiが最安!
  • 1日もしくは直近3日間の制限がない
  • 回線が繋がりやすい
  • 海外でも使える

それでは、実際にギガゴリWiFiを利用しているユーザーの声と共に、ギガゴリWiFiのメリットについて、詳細を見ていきましょう。

40GBプランであればギガゴリWiFiが最安!

安さを求めるユーザーにも、ギガゴリWiFiは人気のモバイルWi-Fiです。

サービス 実質利用料金合計額(税抜)
1年間 2年間
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
41,481円 76,725円
ゼウスWiFi
(スタンダードプラン)
45,914円 85,250円
THEWiFi
(ライト)
45,914円 85,250円

※価格は税込 ※2021年4月時点

様々なメリットのあるギガゴリWiFiですが、データ通信量40GBのモバイルWi-Fiを探している人には、特におすすめです。

数あるモバイルWi-Fiの中でも、データ通信量40GBプランのモバイルWi-Fiの中で最安なのが、ギガゴリWiFiワールドです。

1日もしくは直近3日間の制限がない

ギガゴリWiFiでは、1日や3日での制限はないですが、月間で使える容量は決まっています。

月額料金とデータ容量のバランスで比較されることの多いモバイルWi-Fiですが、落とし穴ともいえるのが、通信速度制限です。

大容量のデータ通信量や無制限をうたう安価なモバイルWi-Fiも多く展開しています。しかし、1日のデータ通信量に制限があったり、直近3日間のデータ通信量に制限があったりと、すぐにまともに使えなくなるモバイルWi-Fiサービスも存在します。

hi-ho gogo
制限で128kbpsらしいけどさ…
何これ?
1日何GBで制限なのかはっきり明示しろや!!!無制限ちゃうやろ!! pic.twitter.com/wMfPzpCren

— NEO (@NEO64800021) April 25, 2020

ギガゴリWiFiで通信速度制限がかかるのは、月のデータ容量に達した場合のみです。ギガゴリWiFiワールドには、20GB〜200GBまで、豊富な容量のプランが用意されているため、自分に合った容量を選択することもできます。

ただし、海外で利用する場合のみ、1日の高速データ通信量に3GBの制限と海外利用料が発生します。

回線が繋がりやすい

ギガゴリWiFiワールドは、docomo・au・softbankの回線を利用しているため、国内のほとんどのエリアをカバーしています。

ギガゴリの方がカタログ上ではスピードは遅くなっていますが、実際はSoftBankの電波を利用しているので、WiMAX2+とは比べ物にならないほど早くて電波も安定しています。
3日で10GBの暗黙の制限もありません。ただ端末はレンタルなので解約時に返却しないといけませんが。

— まつもろ三世 (@matumo_ro_cas) March 21, 2020

モバイルWi-Fiの契約をしたものの、電波状況が悪くてまともに使えなかった苦い思い出のあるユーザーも多いでしょう。ギガゴリWiFiは、通信キャリアの回線を利用しているため、サービスエリアカバー率も高く、安定して使うことができます。

海外でも使える

ギガゴリWiFiワールドで使われる「U2s」は、国際ローミングに対応した端末となっているため、そのまま海外で利用することができます。特別な申請も必要ありません。

GMOのギガゴリWifiワールドプラン
サービス開始の4/8から6日で到着

どんなときもWifiが
予告なしで月間25G制限とかw
仕方なく乗り換え

👀
同じw

クラウドSIM
1日の通信上限もほぼ無し
海外使用OK
月3460円

等、仕様も一致w

郊外だけど18Mbps出てる
ネット動画無問題🤗
久々のWifi使い放題快適 pic.twitter.com/JKFZxn2S4a

— 幸代 FIRE 純 (@junyukishiro) April 14, 2020

海外出張の多い人にとっては、特におすすめのモバイルWi-Fiです。ただし、別途海外利用料は必要です。

なお、ギガゴリWiFiで使われる端末「FS030W」は、国際ローミングに対応していないので、国外で利用することはできません。

評判から分かった、ギガゴリWiFiの注意点

ギガゴリWiFi利用者の声を聞くと、ギガゴリWiFiを利用する上での注意点も浮かび上がってきます。ギガゴリWiFiで注意すべきなのは、次の5つです。

ギガゴリWiFiの注意点

  • 通信速度が遅い
  • 解約違約金が高い
  • データ通信量に制限がある
  • 支払いがクレジットカードのみ

それでは、実際にギガゴリWiFiを利用しているユーザーの声と共に、注意点の詳細を見ていきましょう。

通信速度が遅い

ギガゴリWiFiで使用するモバイルWi-Fiのデータ通信速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。

ギガゴリwifi、本日14時過ぎの速度とおよその月間使用量。
決して爆速ではないけれど昼夜安定して20Mbpsはキープ。
ステイホームウィークも安心して動画三昧の日々が過ごせそうです。#ギガゴリwifi#50GB超#クラウドSIMはダメ#どんなときもwifi pic.twitter.com/Vts14krMZJ

— E75番 (@E75_yan) April 29, 2020

もちろん通信速度は最大値であり、実際の速度は環境によって違います。しかし、自宅で利用する光回線などに比べると、遅く感じる場合が多いのは事実でしょう。

ギガゴリWiFiで高画質動画をストリーミング再生したり、オンラインゲームをしたりすると、環境によってはラグが発生する可能性があります。

解約違約金が高い

ギガゴリWiFiを契約期間中に解約すると、解約違約金が発生します。この解釈違約金は、他社のモバイルWi-Fiサービスに比べて高いです。ギガゴリWiFi契約前には、モバイルWi-Fiの利用期間をよく考えてから契約した方が良いでしょう。

サービス 解約違約金
ギガゴリWiFiワールド 1年以内:24,200円
2年目以降:17,600円
(1年ごとの自動更新)
ZEUS WiFi
(スタンダードプラン)
2年以内:
10,450円
3年目以降:なし
ZEUS WiFi
(フリープラン)
なし

※価格は税込 ※2021年4月時点

例えばZEUS WiFiの場合、月額料金が割高になる代わりに、いつ解約しても違約金のかからないフリープランがあります。
解約違約金の額を比べても、ギガゴリWiFiは違約金が高いので、長期間使用する可能性が低い場合には、他社のモバイルWi-Fiを契約した方がトータルコストは安く済むでしょう。

データ通信量に制限がある

現在のギガゴリWiFiには、データ容量無制限のプランは用意されていません。他社では、1日や直近3日間のデータ通信容量に制限があるなど、制約のある場合もありますが、データ通信容量に制限のないサービスも展開されています。

4Kなどの高画質動画やオンラインゲームなど、データ通信量のユーザーには、月間のデータ通信容量に制限のあるギガゴリWiFiだと速度制限がかかってしまうかもしれません。

GWや通勤中に動画を見過ぎたせいか、モバイルWi-Fiに速度制限💦
えーん、来週、zoom面接あるのに…
苦手だけど、サービスとか、見直さなくちゃ😅#wifi繋がらない

— あいな@メンタルセラピスト (@aina69405186) May 17, 2020

何も考えずに使っていると、大事なときにモバイルWi-Fiが使えないといった事態になってしまいます。

ギガゴリWiFiは、1か月のデータ容量を超えると、翌月1日まで速度制限がかかります。

支払いがクレジットカードのみ

ギガゴリWiFiの支払いは、クレジットカードしか対応していません。口座振替で支払うことはできません。そのため、クレジットカードを持っていない人は、ギガゴリWiFiを契約することができません。

【最新】データ容量別、おすすめモバイルWi-Fiはこれだ!

モバイルWi-Fi選びで重要となってくるのが、データ容量です。自分の使い方に合わせたデータ容量プランを選択するようにしましょう。

そこで今回は、「40GB」「100GB」「200GB」「無制限」での、おすすめのモバイルWi-Fiを紹介していきます。

各容量でおすすめのモバイルWi-Fiは次の通りです。

【容量別】おすすめモバイルWi-Fi

  • 40GBプランなら「ギガゴリWiFi」
  • 100GBプランなら「Mugen WiFi」
  • 200GBプランなら「hi-ho Let’s WiFi」
  • 無制限プランなら「WiMAX」

それでは、それぞれ詳しく見て行きましょう。

40GBプランなら「ギガゴリWiFi」がおすすめ

ギガゴリWiFi

引用:GMOとくとくBB

【ギガゴリWiFiの概要】
月間データ容量 40GB
月額料金(税込) 2,937円
最大速度(下り) 150Mbps
速度制限 なし
契約期間 2年
解約違約金(税込) 1年目:24,200円
2年目:17,600円
3年目以降:0円

※価格は税込 ※2021年4月時点

動画の閲覧やオンラインゲームをしない人であれば、40GBもあれば不自由なく利用できます。

月間容量40GBのモバイルWi-Fiで最もおすすめなのが「ギガゴリWiFi」です。

ギガゴリWiFiは、月のデータ容量以外での速度制限がなく、対応エリアも広いサービスなので、使いやすさがポイントですが、料金的にも最安値です。

プロバイダーは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているため、安心感もあります。

\使えるエリアが広い!/

>ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

大容量100GBプランなら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi

引用:Mugen WiFi

【Mugen WiFiの概要】
月間データ容量 100GB
月額料金(税込) 3,718円
最大速度(下り) 150Mbps
速度制限 あり(詳細非公開)
契約期間 2年
解約違約金(税込) 1年目:9,900円
2年目:5,500円
3年目以降:0円

※価格は税込 ※2021年4月時点

モバイルWi-Fiで、動画や音楽を不自由なく楽しみたい人は、大容量の100GBプランが良いでしょう。

一般的なユーザーであれば、100GBあれば十分だといわれています。

月間容量100GのモバイルWi-Fiでおすすめは「Mugen WiFi」です。

MugenWiFiは、月額3,710円という安さが魅力のモバイルWi-Fiです。しかも、30日おためし全額返金保証を使って、実際の使用感を試してみることができます

もしも、実際に使ってみて回線の使い心地に不満があれば、30日以内に返却手数料の1,100円を支払えば、利用料金は無料で解約することができます。

環境によって、通信回線に優劣が出やすいモバイルWi-Fiでは、実際に使って試せるのは、とても有難いサービスですね。

\期間限定キャンペーン開催中/

Mugen WiFiを契約したい方はコチラ>>

超大容量200GBプランなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめ

hi-ho Let’s WiFi

引用:hi-ho

【hi-ho Let’s Wi-Fiの概要】
月間データ容量 210GB
月額料金(税込) 4,730円
最大速度(下り) 150Mbps
速度制限 1日7GB
契約期間 2年(自動更新)
解約違約金(税抜) 〜11ヵ月目:19,800円
12ヵ月目以降:14,500円
更新月:0円

※価格は税込 ※2021年4月時点

高画質動画のストリーミング再生や、オンラインゲームを頻繁に行う人であれば、おもいきって超大容量の200GBプランを選択してみても良いでしょう。

月間容量200GのモバイルWi-Fiでおすすめは「hi-ho Let’s Wi-Fiです。

hi-ho Let’s Wi-Fiは、月額4,730円で210GBの超大容量のデータ通信が可能になります。

ただし、1日に通信量が7GBを超えると翌々日の通信速度に最大128kbpsの制限がかかってしまいます。

1日中高画質な動画を流しっぱなしにするなど、贅沢な使い方をすると制限がかかるかもしれないので、注意が必要です。

\キャンペーン開催中/

hi-ho Let’s Wi-Fiを契約したい方はコチラ>>

容量無制限プランなら「WiMAX」がおすすめ

wimax

引用:GMO とくとくBB

【WiMAX(GMOとくとくBB)の概要】
月間データ容量 無制限
月額料金(税抜) 【GMOとくとくBB】
1〜2ヵ月目:3,969円
3〜24ヵ月目:4,688円
25ヵ月目以降:4,688円
最大速度(下り) 1.2Gbps
速度制限 直近3日間で10GB
契約期間 3年(自動更新)
解約違約金(税込) 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円
更新月:0円

※価格は税込 ※2021年4月時点

データ通信容量を気にするのが面倒だと感じる人は、実質容量無制限のプランが選ぶと良いでしょう。

おすすめは、「WiMAX」です。WiMAXのギガ放題は、直近3日間で10GBを超えると、翌日にかけて速度制限が行われるシステムです。月末までの厳しい速度制限はなく、1日だけの制限なので、使い勝手が良いのもポイントです。

また、キャンペーンを利用すれば、実質的な料金を抑えることもできるため、コストも抑えることができます。

\最大33,000円キャッシュバック/

WiMAXを契約したい方はコチラ>>

ギガゴリWiFiの契約方法

ギガゴリWiFiの契約は、「GMOとくとくBB」のサイトから申し込みます。工事は必要ないため、モバイル端末が届いたらすぐに使うことができます。

なお、ギガゴリWiFiには、「20GB」「40GB」「100GB」「200GB」の4つのデータ容量のプランが用意されていますが、契約途中でのプラン変更はできません。申し込みの際には、毎月の必要量をよく考えてからにしましょう。

また、支払いはクレジットカード払いしか対応していないので、カードを持っていない人はカードの準備が必要です。

そして、ルーターや充電ケーブルなどは全てレンタル品です。解約時には付属品も含めて、全て返却する必要があります。取扱説明書や箱も含めて、捨てないようにしましょう。

>ギガゴリWiFiの公式サイトはこちら

ギガゴリWiFiでよくある質問

それでは最後に、ギガゴリWiFi利用者からよくある質問を紹介していきます。

解約の方法は?

ギガゴリWiFiは、GMOとくとくBBのサポートセンターに電話することで、解約することができます。

解約後は、端末(ルーター本体)、充電ケーブル、取扱説明書、箱の全てを返却する必要があります。1つでも欠品や破損があると弁済金の支払い義務が発生してしまいます。

【返却先】
〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛

返送費用の負担も必要です。返送は、手軽で安価なレターパックプラス(520円)がおすすめです。

契約期間に縛りはあるの?

ギガゴリWiFiワールドには2年間、ギガゴリWiFiには1年間の契約期間が存在します。そのため、契約期間内の解約には違約金が発生します。

サービス ギガゴリWiFiワールド ギガゴリWiFi
契約期間 2年 1年(自動更新)
解約違約金 1年以内:24,200円
2年以内:17,600円
1年以内:19,800円
2年目以降:8,800円
解約違約金が不要となる条件 3年目以降 契約更新月

※価格は税込 ※2021年4月時点

ギガゴリWiFiワールドの場合、契約から2年以内の解約に違約金が発生します。3年目以降なら、いつやめても違約金は発生しません。
一方、ギガゴリWiFiは、1年ごとの自動更新になっているため、契約更新月以外の解約には違約金が発生します。

なお、当月末で解約したい場合は、その月の20日までに解約申請する必要があります。

ちなみに、ギガゴリWiFiは商品到着から8日以内であれば違約金なしで解約できる「初期契約解除制度」に対応しています。ただし、事務手数料の3,300円は必要です。

海外で利用するには?

ギガゴリWiFiを海外で利用するのに特別な申請やSIMの交換は必要ありません。渡航先で端末の電源を入れるだけで利用できます。

なお、海外での利用にはデータ通信容量の制限利用料が発生します。海外では、高速データ通信を1日に3GBまで利用可能で、アジア17か国なら1日850円、アジア以外の115か国なら1日1,250円の利用料が発生します。

ちなみに、パソコンやタブレット等のWiFi対応機器と接続しなくても、端末の電源を入れるだけで料金が発生してしまいますので注意しましょう。

注意点として、国際ローミングに対応しているのは「ギガゴリWiFiワールド」のみです。「ギガゴリWiFi」は国内のみでの使用なので、海外では使えません。

まとめ

仕事のお供として使うモバイルWi-Fiであれば、月のデータ使用量として40GBもあれば十分です。特に、広い範囲で使えて細かい速度制限もないギガゴリWiFiは、出張のお供におすすめのモバイルWi-Fiです。料金的にも40GBプランの最安値のサービスです。

しかし、光回線に比べると、回線速度が遅かったり、解約違約金が高かったりなどの注意点もあります。

またモバイルWi-Fi選びは、自分の使い方に合ったデータ容量を選択することも重要です。

モバイルWi-Fiを契約する際には、料金やデータ容量、速度制限のルールなどを吟味して、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。